2018年8月9日木曜日

夏の汗、そのニオイ対策(追記あり)

毎年毎年話題になるのが「コミケの男どもは臭い」という失敬な話である。

自分のニオイは気付きにくい。これは仕方ない。
酸化した油のような臭いや、ほのかに香るタクアンのような臭いとか、妙な生臭さとか、あとは加齢臭なども本人は気付きにくい体臭だろう。

体臭はシャワーで流せばなんとかなるものもあるが、できればデオドラントソープなどで対策する方がいいだろう。それと、頭もしっかり洗うべき。


汗が出るとなんとも言えないニオイがする場合、前日に食べた食品の影響が出ている可能性もある。アスパラガス、ブロッコリー、動物性タンパク質(肉のこと)の3つは体臭に影響のある食品でもある。
アスパラガスは主に尿の匂いに変化がある。汗の匂いが臭くなる場合もあるらしい。ブロッコリーはアンモニア臭、動物性タンパク質(肉)もアンモニア臭。


暑いから湯船につかるのは面倒なのでシャワーだけで済ませる人も多いだろう。でも入浴した方が体臭の原因でもある毛穴の汚れが落ちやすくなる。夏こそ入浴だと思う。



余談だが、今まで嗅いだ人間のニオイで印象深かったのは、KURE 5-56のニオイのする人だ。5-56を使っていないのに体臭が5-56なのだ。それと、鰹出汁の香りがほんのわずかにする人もいた。

追記:2018-8-10
汗の臭いを普段から減らしたいと思うなら、食事の内容にも気を配るべきだ。個人的なメニューだが、豆腐とトマトとカイワレ大根の組み合わせの朝食で汗の匂いが強くなるのを防げる(ような気がしている)。 

0 件のコメント:

コメントを投稿