2018年7月10日火曜日

macOS High Sierra 10.13.6 アップデート(なんか変だよ)(7月11日追記)

macOS High Sierra 10.13.6 がリリースされたので、早速アップデートしてみた。

アップデートの内容は調べればわかることなので書かない。

インストール後の挙動で、スリープに入ってから復帰する際に数秒だけ画面が真っ暗なままになることがあったが、次からは問題なくスリープも復帰もできている。最初だけということは、何らかの設定なりごにょごにょしているのだろうと予想。


今のところ何もトラブルは発生していない。
手動でスリープに入る際にカーネルパニックが発生することがある。 同様に、シャットダウンさせるとカーネルパニックになることがある。

追記:2018-01-11
パスワードロックがかかる前にスリープから復帰させた場合、画面が復帰するまでの時間が数秒かかることがある。パスワードロックからの復帰は問題ない。  ← スリープからの復帰時にモニタ画面の復帰に数秒かかるのは変わらなかった。



0 件のコメント:

コメントを投稿