2018年5月21日月曜日

Mac miniのHDD交換

Mac mini Mid 2011に内蔵されているHDDの交換作業を行った。

中古で購入したMacということもあり内蔵のHDDが1万時間を超え、耐用年数としては一区切りである。細かなエラーや何らかのトラブルは全く起きていないが、1万時間オーバーは交換理由として真っ当だろう。
そこで、新しいHDDへの換装をすることにした。



信頼と実績のHGST Z5K500

5400rpm, 500GB, 8MBキャッシュの2.5インチHDDで、低発熱静音型として人気のタイプだ。これで3台目の購入になる。もちろん今までトラブルは起きていない。
とにかく静かで発熱も少なく、深夜の作業でも気にならない低騒音である。筐体に入れてしまえばほぼ無音だ。

換装作業でアンテナプレートを外す時に、HDD固定用の振動吸収用ゴムブッシュが劣化していたのを見つけ、手持ちの振動吸収用のシリコンワッシャを挟み込む形で代用した。近いうちにまともな部品に付け替えるつもり。

Time Machineのバックアップから177GBを戻し、約一時間かかって完了した直後のSMART値は以下に。

発熱も32度でぬるま湯程度の暖かさ。1時間書き込みさせてこの温度なら低発熱HDDと言えるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿