2018年5月17日木曜日

Firefoxのキャッシュファイルが本当に削除されるのは次回起動後だったりする(60seconds)

Firefox60.0.1にアップデートした。速くて快適。

RAMディスクにキャッシュファイルを置くように設定して使っていて、ちょっとだけ気になることがあった。Firefoxの閲覧履歴を削除してもすぐには空き容量が増えない。いつ消すのだろうか。

閲覧履歴を全部削除する操作を行ってみると、
 閲覧履歴そのものは【Firefoxから見えなくなる】=【削除されてキレイすっきり】だとばかり思っていた。だがしかし Clear Now は Now ではなかった。この Clear Now をクリックすると、閲覧履歴が見えなくなるだけで、まだキャッシュはそのまま残っている状態だった。

この後にFirefoxを終了させると、
index.logが作成され、

Firefoxを改めて起動させると、
trash*フォルダが作成され、削除するキャッシュファイルがここに移される。

この trash* フォルダは1分後に自動で削除される。ここでやっと前回までのキャッシュが完全に削除されることになる。

閲覧履歴などのキャッシュはクリックすればすぐに消えるのではなく、次回の起動時に削除されるということのようだ。全然知らなかった。





0 件のコメント:

コメントを投稿