2018年3月31日土曜日

腕や指の組み方で性格がどうのこうの(ないよそんなの)

腕の組み方や指の組み方で性格がわかるというようなことを見聞きしたことがある。
そんなことで性格がわかるのだろうか。

「では組み方をかえてみるとどうなるだろうか」
 というようなことをかなり以前から試しているのだが、組み方を逆にしたところで性格が変化するわけもない。当たり前と言えば当たり前か。

組んだ時に違和感を感じる、というのはあるだろう。
それは位置や角度がずれているからである。ずれを適切な位置にすることで次第に「慣れる・慣れていく」のである。

今ではどちらの組み方でも自然にできるようになった。
性格も嗜好も別段変化はない。変化する方がおかしいって話である。

0 件のコメント:

コメントを投稿