2017年11月29日水曜日

macOS High Sieraに致命的バグが見つかったそうな

macOS High Sierra 10.13で致命的なバグが見つかり、早急な対策が急がれているとのこと。

その致命的バグとは、パスワードなしにroot権限でログインできてしまうというもの。rootでログインすると、一般的なユーザ権限以上の操作が可能となり、いじったりするとシステムに重大な損害を起こしかねないファイルを捨てたりとかできたりする。もちろん、root権限だけでは触ることのできないファイルがあるが、今回のバグに関して安心はできないということである。

対処法や対策法はrootユーザのパスワードを設定することで大丈夫らしい。作業方法は以下のページに詳しく載っている。

Mac でルートユーザを有効にする方法やルートパスワードを変更する方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT204012

これが大問題である理由は、他人のMacをログインパスワードなしにrootでログインできてしまうということだ。その危険は鍵をかけずに外出するのと同レベルである。鍵がかかっていると思ってドアノブをガチャガチャ回してたらドアが開いてしまった、みたいなものだ。しかも家の内部を探り放題な状態。捨ててはいけないものを捨てることもできるわけ。これは危険すぎる。

0 件のコメント:

コメントを投稿