2017年4月21日金曜日

SONY MDR-S40/Bというヘッドホンを……

現在使用しているヘッドホンはオンイヤーの密閉型で、外の音が聞こえにくいのはメリットであるはずなのだが、生活スタイルの変化に伴い外の音が聞こえる方が都合が良くなった。そこでオープン型のヘッドホンに買い換えることに。

色々と悩んだが、SONYのMDR-S40/Bを注文した。
SONY MDR-S40
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-S40/

生産終了品なので、入手できるうちに買っておくのが吉だと感じ、Amazonで注文した。
早く届くといいな。


こういうタイプのヘッドホンで候補にしていたのは以下のもの




KOSSのportaProに食指が伸びないわけではないが、今回はMDR-S40/Bになった。

ずいぶん昔の話だが、自作DACに凝っていた時期があって、ずいぶん変なDACを作った。一番思い出深いのはD/AコンバータICを片チャンネル8個使ったバッテリー駆動式で据え置きCDプレーヤに内蔵させるというものだ。

その頃に、たまたま安く買えたSTAX SR-84というコンデンサ型ヘッドホンが手元にあった(生活に余裕がまあまりなくて、高価なものは買えなかった)。この音がなかなか良いもので、力強さとか低音の響きとかとは無縁の世界ではあったが、音楽を繊細に描くその音に惚れた。「音を耳で見る」という世界があることを知ったのもコンデンサ型のヘッドホンが教えてくれた。

SR-84はいわゆるエントリーモデルともいうべき安価な製品だったが、ダイナミック型とは違うヘッドホンがあるということを知ることができた。今ではトランスが断線したままもう使えなくなったが、まだ捨てることなくしまってある。




0 件のコメント:

コメントを投稿