2017年4月14日金曜日

逃げたダチョウとはなにか

つい最近、中国でダチョウが逃げ出したという報道の映像を見た。
飼育していたダチョウが逃げ出したが、数日で連れ戻されたというような内容だったと思う。
ネット検索で出てきた内容だと、中国、広東省汕尾市で農場から脱走したダチョウが道路を走っているが、そのあと捕まえて農場に戻されたということだそうな。

駝鳥の意味するところはなんだろうか、とか余計なことを考えてみた。
ostrich metaphorで検索するとOstrich effect(ダチョウ効果)なんていうのが見つかる。
「投資家が、ネガティブな財務情報(金融情報)を回避しようとする試み」というようなものだそうな。危機的な状況から脱する際に、ダチョウは頭だけを地面に埋めて逃れようとすることに由来するらしい。要するに危機からは逃れることに失敗しているということになる。

経済は失速しているが、逃れられない危機的状況に陥っているわけではない。経済投資を引き続き行ってほしいということなのだろうか。
危機的な経済情報ではないからまだ逃げるなと引きずり戻された、って考え方もあるな。

膨らませすぎかな。


0 件のコメント:

コメントを投稿