2017年2月26日日曜日

mpv.conf 一部修正、さらに修正

MacPorts版のmpvに使う mpv.conf の中身を一部修正、さらに修正。

https://sites.google.com/site/bzgbg1606warehouse/home/openwarehouse/mpv.conf?attredirects=0&d=1

videotoolbox decoderを使わない設定に変更
・この設定を有効にしているとエラーが出るようになったので無しにした

デフォルトボリュームの値を変更
・ここの辺りは使っているMacの音量設定次第


Sharpenfilterの値を30に変更
・少しでも処理を軽くするためだったが、数値を下げてもあまり意味はなさそう

osd-barを非表示
OSC(On Screen Controller)の表示位置と重なるので非表示に



# 画質
vo=opengl
opengl-backend=cocoa
scale=oversample
tscale=spline36

# ハードウェアデコーディング (OS X)
#


# キャッシュ
cache=yes
cache=24576
cache-seek-min=16384
cache-backbuffer=24576

# Disable any framedropping.
#framedrop=vo

framedrop=no

# Hardware acceleration.
sws-scaler=x

# Sharpenfilter (luma).
sws-ls=30

# Sharpen filter (chroma).
sws-cs=30

# オーディオ
ao=coreaudio

# スタートアップ音量設定
volume=45

# デフォルトボリューム設定
volume-max=150

# イコライザ設定
af=equalizer=7:8:7:5:6:6:7:7:7:6

# 常時前面表示
#ontop=yes

# OSC (On Screen Controller)
#osc=no


# OSD 

osd-duration=5000
osd-font-size=20
#osd-bar-align-x=0
#osd-bar-align-y=1
#osd-border-size=1

osd-scale-by-window=no
osd-bar=no

# 字幕
#sub-text-font-size=28
#sub-scale-by-window=no



非力なマシンで使っているので、負荷の少ない設定を目指したらこんな感じになった。

0 件のコメント:

コメントを投稿