2016年12月17日土曜日

早々と大掃除

 光回線がうまく開通できた。

ONU(光回線終端装置)の場所を変更してプリンタの場所を移動させて……とかやっているうちに、床掃除とか窓掃除とかに発展してしまい部屋の大掃除になってしまった。

 プリンタはスキャナなどと一体化した複合機というやつで、それなりに機能がたくさんあるもののほとんど生かしていないのが現状で、このプリンタの上に刷った書類の複製や取扱説明書とかその他書類が積み上げられていてスキャナは使えない。これらの書類を全て適切に処理、ついでにもういらない書籍も破棄。読んでいないが読んだことにしておく本はAmazonのダンボール箱に収納。古い衣類も処分したので、それらが入っていた衣類ケース内へ雑誌や書類を収めた。

 掃除中に20年くらい前に描いた落書きが見つかった(小さいスケッチブックにボールペンでごちゃごちゃと描き込んであった)。ヘタすぎる。ヘタすぎるが一応しまっておく。

 プリンタ周辺が綺麗に片付き、取扱説明書を見てみるとどうやらWiFiで接続できるらしい。だがめんどくさいのでUSBケーブルの長尺のものでパソコンに接続。新しい無線LANの親機を買ったらプリンタをWiFi接続してみようと思う。

 この時期は新しいプリンタが欲しくなるが、3月までは決断しないことにしている(いろいろと)。Canonの四角いヤツが欲しいな。




 パフォーマンスから考えるとブラザー製をお勧めしているが、高品位で高精細な画像の印刷には向かないのが欠点かなぁ。互換インクに詰め替えればかなり出費をおさえられる。安くて画質は悪く無くて、そしてインクが安い。使っていない時に自動でクリーニングされ、その際にインクを少しづつ消費していく。刷っているときのインクの消費よりも、クリーニング動作で消費していくインクの量のほうが多いのではないだろうか。
 しかし、安い互換インクが使えるので、ブラザーのインクジェットプリンタはランニングコスト的に見れば優秀であると言える。

0 件のコメント:

コメントを投稿