2016年10月6日木曜日

メアドもそれなりに個人情報なんだが

 ずいぶん前の出来事だが、以前知り合いだった人(過去形)が訪れてきて、話の最後に、メールアドレスを教えてほしいというので教えたのだが、今から思えば教えるべきではなかったと思う。

 次から次へと自分の知らない人にメアドを教えてしまっており、しかも事後承諾でもなく「教えておいた」みたいなことを宣うわけだ。実に迷惑である。公開されているメアドではあっても、直接に渡したアドレスは少し意味合いが異なるものだと考えるがどうだろうか。

 あの時、プロバイダのメアドを教えなかったのは判断として正解だった。(契約しているISPからもらえるメアドは変更や破棄ができないから、いつまでもついて回るのも困る。)

 昔の知り合いほど信用できないものだと聞いたことがあるが、こういうことがあればさもありなんと躱すくらいしかなかろうと思う今日この頃。

0 件のコメント:

コメントを投稿