2016年7月16日土曜日

Ubuntuでサスペンドから正常に復帰できない場合

XubuntuをインストールしたMacで、サスペンドからの復帰がうまく行かない場合がある。

画面のロックを行う設定はオフにする
  • Light LockerのAutomaticaly lock the sessionは [しない] に設定
  • スリープ状態へ遷移中は画面をロックする のチェックを外す

推奨されたドライバをインストールしておく
デフォルトでインストールされるドライバの X.Org X server ではなく、[プロプライエタリ,検証済み]のドライバをインストールする
たとえば、 NVIDIA binary driverとか、そういうものを。


NVIDIA binary driverをインストールした後、再起動する前にターミナルで以下のコマンドを実行
$ sudo nvidia-config

次に xorg.conf の編集
これもターミナルから行う
$ sudo nano /etc/X11/xorg.conf
xorg.confがnanoエディタで開くので、Deviceセクションに以下を追加記入
Option    "RegistryDwords" "EnableBrightnessControl=1"


BoardNameは有ってもなくてもいいが、記述はあったほうがいい。
上書き保存して、再起動。

サスペンドから復帰させても画面は真っ暗なままの場合が多いはずだが、バックライト調整キー(F2に割り当てられている)を押していけば表示されるので大丈夫。 「サスペンド復帰後に真っ暗なままならF2連打」、ということ。

0 件のコメント:

コメントを投稿