2016年6月7日火曜日

SIPを無効にすればWii U Pro Controllerが使えるようになる(Macで、条件付きで)

前回の記事でWii U Pro Controllerが使えなかったわけで、SIPが有効な状態だと認識できないということで、SIPを切れば認識できるわけで。

リカバリモードで起動して、ターミナルでSIPを無効にする
     # csrutil disable
シェルを閉じる
     # exit
ターミナルを終了してから再起動させる

Bluetoothをペアリングして認識させ、WJoyでWiiリモコンとして認識させる。認識されるとプロコンがプルッと振動する。そのあとでJoystick Mapperで各ボタンやジョイスティックの割り当てをしていけばいい。
Joystick Doctorで見たボタンの番号と実際の番号が異なる部分があるので、設定して試してまた設定するを繰り返すことになる所もある。根気強く設定していってほしいが、それほど気合が必要なわけでもない(短気な人には向かない作業になる)。

WJoyは One-Botton-Click-Connectionのチェックを入れておけば接続が容易になる(手間が減る)。
Wiiリモコンとして認識される…… そんな様子……

割り当て後の認識のさせ方は、
MacのBluetoothをON
WJoyを起動
Wii U Pro Controllerの電源をON、認識した際の「プルッ」という振動を確認
Joystick Mapperを起動、使用するプリセットにチェックを入れる

とりあえずはながら操作向けにマウスカーソルの移動とかスクロールを割り当てたり、そんなところから設定して、ゲーム用の割り当てとかはまた次の機会に。 Joystick Mapperが用意しているキーの割り当ては、それなりに豊富なので、お絵かきソフトのショートカットキーを割り当ててもいいと思う。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿