2016年6月6日月曜日

MacでWii U Pro Controllerを使う(いや、使えなかった……)

Macで Wii U Pro Controller が使えるというのはずいぶん前に知っていたが(ドライバをインストールすればWiiリモコンが使える)、El Capitanでも使えるのかどうかを試してみた。

試してみたが、条件付きで動作は可能だ。

必要なものは
Wii U Pro Controller    通称、プロコン
WJoy     Macで使うためのドライバ
Joystick Mapper     コントローラへのキー割り当てソフト
Joystick Doctor     各ボタンの番号を表示させて、割り当てを楽に

プロコンは動作の確認のためだけに購入。

WJoyは https://github.com/alxn1/wjoy から入手できる。ただし、残念ながら開発がストップしているプロジェクトである。
Joystick MapperはMac App Storeで600円で購入。
Joystick Doctorも同じくMac App Storeで。こちらは無料。

El Capitanで動作させるための条件だが……
SIP (rootless) をオフにしないと認識もキーの割り当てもできない。リカバリモードで起動して(command + r)、ターミナルを開いて csrutil disabke とコマンドを打ち込んで実行して再起動。その状態ならばプロコンが使えるようになる。(Wiiリモコンとして認識させる)
SIPがオフ状態になるというのは、システムにユーザが意図しない変更やファイルの書き込みが起きるなどの危険な状態にしておくということだ。システムの安全を犠牲にしてゲームをするというのはオススメできない。

Wii U Pro Controller OSXというドライバもあって、こちらはプロコン用に開発されているものだ。こちらも使ってみたが、プロコンを認識してくれず、レッドランプ(ドライバ側が認識していない)。
SIPが有効な状態で、El Capitanで使えるようになる可能性はあるかもしれないと期待し、今後うまくつながることを望みたい。

次の記事では、SIPを無効にしてWii U Pro Controllerを接続して使えるようにしてみた。

0 件のコメント:

コメントを投稿