2016年6月8日水曜日

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」、面白い

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の5巻6巻7巻を三冊を購入。
こういうのはアニメーションで観たいものだと考えていたが、そういう考え方は古いのだと実感する。ガンダムは人間ドラマであるということをこの作品から感じることができた。

しがらみ、因縁、繋がり、誤解、疑念、疑惑、友情、愛情、恋愛、純愛、憧れ、希望、悲しみ、憎しみ、出会い、別れ、生と死、とにかくテンコ盛りだ。

どうしてもMS(モビルスーツ)などのメカニックなもののアクションを期待されるジャンルではあるが、そういった部分が苦手であっても十分に読み応えはあると思う。
新谷かおるの戦場ロマン・シリーズや、松本零士のザ・コクピットなどのマンガが好きなら、この作品も好きになるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿