2016年3月23日水曜日

mpv.confの記述を変更した

メディアプレーヤとして画質が良いmpvの設定ファイルである mpv.conf の設定を少し書き足した。

ハードウェアデコーディングの設定とオーバーサンプルの設定と少々。sws-lsとsws-csはコメントアウトして無効にしている。

作成した mpv.conf は以下のリンクをクリックでダウンロード。
https://sites.google.com/site/bzgbg1606warehouse/home/openwarehouse/mpv.conf.zip?attredirects=0&d=1


# The maintainer ships his personal config file in
# * /opt/local/share/examples/mpv/config-maintainer.
#
# You are strongly encouraged to copy this file to either
# * /opt/local/etc/mpv/mpv.conf (globally for all users of the system) or
# * ~/.mpv/config (only for your current user)
# and adjust it to your needs.
#
# This config file already defines the necessary video output settings to make
# use of the hardware acceleration features provided by your operating system.

# 画質
# 性能の低いPCでは opengl-hq にするとフレームドロップが発生するので使用は控えること
#vo=opengl-hq:backend=cocoa
vo=opengl:backend=cocoa:scale=ewa_lanczossharp:scale=spline36:tscale=oversample

# ハードウェアデコーディング (OS X)
hwdec=videotoolbox

# cache
cache=yes
cache=12288
cache-seek-min=8192
cache-backbuffer=12288

# Disable any framedropping.
framedrop=vo
#framedrop=no

# Hardware acceleration.
sws-scaler=x

# Sharpenfilter (luma).
#sws-ls=30

# Sharpen filter (chroma).
#sws-cs=30

# オーディオ
ao=coreaudio

# スタートアップ音量設定
volume=50

# ソフトウェアボリューム設定
softvol=yes
softvol-max=150

# イコライザ設定
af=equalizer=7:8:5:4:5:6:7:7:7:6

# 常時前面表示
#ontop=yes

# OSC (On Screen Controller)
#osc=no

# OSD
osd-duration=5000
osd-font-size=20
osd-bar-align-x=0
osd-bar-align-y=1
osd-border-size=1
osd-scale-by-window=no

# 字幕
#sub-text-font-size=28
#sub-scale-by-window=no


opengl-hqが使える環境だともっといろいろな重たい処理の設定とかも使えるのだろうけど、自分の使っているMacだとそれは無理。

0 件のコメント:

コメントを投稿