2015年10月24日土曜日

iMac Early 2009にOS X 10.11.1 El Capitanをインストールした

外付けのドライブでのお試しを終え、特に問題なしということでお絵描き用のMac本体へEl Capitanをインストールした。

クリーンインストールではなくアップデートとしてインストールしたが、今の所は大きな問題はない。Googleのメールが受信できないが、面倒がらずにWebブラウザからログインすればいいだけのこと。 受信できなかったメールに関してだが、メーラー側のアカウント設定を削除してから再設定設定したら解決した。

El Capitanへアップデート後、Xcode 7.1用のCommand Line ToolsをEl Capitan用にアップデートする必要がある。インストール後にXcodeを起動し、コンポーネントのインストールを完了させる。

Java 6が必要な場合は、Java For OS X 2015-001 をダウンロードしてインストールするだけ。
https://support.apple.com/kb/DL1572?viewlocale=en_US&locale=en_US



MacPortsでインストールしたパッケージはアップグレードの必要がある。面倒でなければ全部消してチマチマとインストールをやり直せばいい。
一からインストールをし直せば、案外気分がすっきりする(嘘である)。

/opt が見えなくなてしまっているが、chflagsコマンドで表示させる。
$ sudo chflags nohidden /opt
これでOK.

このiMac Early 2009は内臓のドライブをHDDからSSDに換装してあることもあり、ドライブへのアクセスに関係するようなもたつきは一切無い。El Capitanは軽快に動く。OS X 10.11よりも10.11.1の方が良い出来に仕上がっていると感じる。

あとはInkscape-develをインストールすれば作業を再開できる。


0 件のコメント:

コメントを投稿