2015年10月5日月曜日

com.apple.mrtとかが10秒間隔で(以下略)

OS X 10.11 El Capitan、10秒間隔で妙なメッセージがシステムログに現れる。

MRT.appに関するデーモンとかがバックグラウンドで動作してるわけらしいのだが(例によって、詳細に調べたわけではない)、はっきり言ってウザい。

SIP (Security Integrity Protection) という通称「Rootless」に関係する部分である。ベータ版のEl Capitanではリカバリーモードでの起動でSIPをOFFにするユーティリティが備わっていたのだが、正式リリース版にはこれがない。ターミナルコマンドでオン/オフは可能だが、セキュリティ上問題が生ずることになり、一般的にはお勧めできない。

気にしなければどうということはないと考えるだろうが、
小さなログでも積もり積もれば塵の山」となるわけで、精神衛生上にも良いものではない。



【RootlessをOFFにする】
起動時に command + r でリカバリ領域から起動

ターミナルを開き、以下のコマンドを実行
$ csrutil disable

シェルを終了
$ exit

システムを再起動


絶対にオススメできないが、全て自己責任の上で試すなり戻すなりすること。

0 件のコメント:

コメントを投稿