2015年6月23日火曜日

Apple非純正SSDでもTrimを有効にできるというAppleDataSetManagement.kextを試しにインストール

「Apple非純正SSD搭載でもTrimコマンドを有効化して発行できるようにできる」らしいAppleDataSetManagement.kextをインストールしてみた。
このAppleDataSetManagement.kextはOS X Yosemite 10.10.4から内包されるらしいとのことで、次期OS XであるEl Capitanに含まれているkext(カーネルエクステンション)とのこと。一足先に試してみる。

Yosemite Patchless TRIM Support
https://github.com/Temptin/Documents/blob/master/Yosemite_Patchless_TRIM.md

上記のページで Even Better Method (No kext-dev-mode required!) 以下を試すことになるわけだが、インストールを実行する前に必要な作業がある。

もしもTrim EnablerなどのツールでTrimを有効化している場合は、これらのアプリが改変した部分を元に戻す必要がある。もしも手元に Yosemite 10.10.3 のインストールメディアを入れたUSBメモリがあれば、cmd + R でリカバリモードで起動してOSの再インストールを行うだけで元の状態に戻せる。再インストールといってもユーザの作成したデータはそのまま残るので心配はない。

ターミナルからコマンドを打ち込んで作業したいという人は、以下のサイトがとても役にたつと思う。AppleDataSetManagement.kextのインストールと有効化の前に設定を元に戻して(OFFにするだけではダメ)からでないと起動不能に陥る。
Yosemiteで「Trim Enabler」使用時にグレー画面で起動できなくなったときの復旧方法
http://www.softantenna.com/wp/mac/yosemite-trim-enabler-recovery/


AppleDataSetManagement.kextのインストールを行うだけで、サードパーティ製のSSDでもTrimコマンドの有効化ができるようだ。ただし、本当にTrimコマンドが発行されているのかは確認できないので、TRIM Support: Yes の表示を信じるしかない。
AppleDataSetManagement.kextのインストール後は必ず [アクセス権の修復] を実行しておくこと

このAppleDataSetManagement.kextの試用に関して、あくまでも「試用」を目的としたものであることを忘れないように。OS X Yosemite 10.10.4にAppleDataSetManagement.kexttrimforceが実装されるらしいので、それらが使えるかどうかの「試用」であるということ。 動作の確認後はアンインストールしていただきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿