2015年5月8日金曜日

「EM Drive」と「やる気ビーム(マイクロ波)」

EM Drive と呼ばれる電磁推進機、これを思い出す人もいるかもしれない。

「ハチソン効果」
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/kaiki2/161hutchisonkouka.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%81%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%8A%B9%E6%9E%9C

不遇の研究家・ハチソンの発見した奇妙な現象を「ハチソン効果」と呼んでいる。残された映像などから、どうみてもインチキくさいと感じるわけだが。
ハチソンの実験での奇妙な現象の一部を記録したVTRは、画像が粗いがYouTubeなどでも見ることができる。物体が浮き上がって飛び上がるかのような挙動は、セットを逆さにして撮影したのだろうと言われているが、その動き方には何か違和感がある。
もしかしてこれは EM Drive のようなものではないのかな?
違うだろうとは思うけど。

閉鎖系の金属のケース内でマイクロ波を出していくと、真空中でも推進力が得られた〜みたいな〜、ってことらしい。ハチソン効果がインチキだったとして、とりあえずそれを無視して考えられることとしてはマイクロ波がぶち当たって反射してはきだめになった位置にある物質(閉鎖系の金属容器の壁)に対して位置エネルギー (Potential Energy) に変化を与えるということなのかもしれない、さっぱりわからないけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿