2015年4月9日木曜日

OS X 10.10.3 アップデートとPhotosとかいうおまけ

OS X Yosemiteが10.10.3にアップデート。早速インストールしてみるとPhotosというアプリケーションがおまけに付いてくる。iPhotoからのアップグレードかと思いきや、全く不要なアプリなので苦笑い。
 まともなというか色々とユーザの好みで写真を整理できるアプリケーションが欲しいというのに、劣化させてどうするんだと。今まで通りにFinderで管理しようと思う、うん、これが一番自由度が高い。

一つのアプリケーションで何でもかんでも完結させるのが今風なのだろうか。適材適所という言葉があるが、それぞれに適したアプリケーションを切り替えながら使うのが一番いい結果が生まれると信じている。
RAW現像に適したものやアルバム管理に適したもの、ジャンルやカテゴリに分けた管理、資料としての写真の閲覧に適したライブラリに適したもの、などなど。資料としての写真の管理にはPhotosは向いていない。絵描き向けではなく一般ユーザ向けなのだろう。

個人的には「Viewer」としての写真管理ソフトが欲しかった。

さてさて、肝心要の10.10.3の方は、何事もなくアップデート完了。
・ログインウインドウの背景のぼやけ具合が綺麗になった。
・フルスクリーンへの遷移や仮想ウインドウへの移動のアニメーションがスムーズになった。
・Wi-Fiに問題は出ていないので、今回も問題発生なし。

追記になるが、Inkscapeの描画やパン時のカクカクやもたついた感じがかなり軽減されたと感じる。透過させたパスやストロークが大量にある画像だと、限界まで拡大した状態での作業がかなり重たくなるが、10.10.3へのアップデート後はかなり軽くなった。まさかX11側が調子良くなるとは想像していなかっただけに、これは本当に嬉しい。あと1年はこのマシン(iMac Early2009)で戦えそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿