2015年4月16日木曜日

上手いよりも早いほうがいい

今まで絵を描いてきて、とても後悔している事が一つある。本当は数え切れない後悔の中の一つなのだが。

長い間の悪い癖として、絶対にホワイトで修正をしないでペン入れするというおかしな信条がある。どうせ印刷するのだからホワイトで修正してあれば何も問題はないのだが、紙に描いた絵とその紙も含めた作品だという変な考え方があって、おバカなことに自分自身のミスを認めないという変な方向で絵を独学で学んでしまった。これは失敗だと思う。

それはそれとして、

絵が下手なうちは上手く描くよりも早く描く方を優先した方が将来的にいい結果になる。
上手くても遅いのはダメな人の特徴だから。

 

(パソコンでお絵描きできる環境ができて、ホワイトで修正するなんてことはほとんどなくなったが、「直せる」「戻せる」というのは絵の上達にはつながらない気もする。)

早くて上手いのが一番いいのだが、自分は遅くて下手くそという最悪の道にはまり込んだ。 早く描くというのはもう諦めたので、せめてある程度はいい感じのものを描ければいいかなと。

去年描いたものよりは少しくらいいいものが描けているのではないだろうかと、勝手に妄想するくらいは許して欲しいと願う。

下を見て自分が上だと考えるのが一番悪い考えだ。それと他者を妬むことは絶対にダメな行為だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿