2015年2月7日土曜日

MacPorts版のInkscape 0.91を軽くする

Inkscape 0.91を使っていてきになるのがレンダリングの遅さによるもたつき。
MacPorts版の Inkscape 0.91_1 をインストールする際に Variants の指定を変更してインストールする。

まずInkscapeをアンインストール
$ sudo port uninstall inkscape

次に quartz と strict と svg2 を指定して、Inkscapeをカスタマイズビルド
quartzを有効化することで表示のもたつきがものすごく改善される。
特に、ノード数が尋常でないとかオブジェクト数が膨大なものを作成している場合はかなり有効だ。

Variantには以下の3つを指定してカスタマイズビルドする
  • quartzはMac OS Xのグラフィックサポートが受けられるようにするもの。Variantのx11とは機能衝突を起こすため、x11と一緒にビルドオプションとして含めることはできない。
  • strictはstrict buildというもので、portfileに厳正に従ってビルドされるもの。自分自身はあまり詳しくporfileを見たわけではないが、とりあえずビルドオプションに含めた次第(よくわかっていないのは反省している)。
  • svg2はメッシュグラデーションなども使える仕様のもので、完全な実装が待たれる機能の一つ。面白そうなのでこれもビルドオプションに含める。(コマンドラインからメッシュグラデーションは使えるらしいが、このビルドオプションを付けると専用のアイコンが追加される)
 以下のコマンドでInkscapeをビルドする
$ sudo port install inkscape +quartz +strict +svg2

# これでかなり表示関連はうまくいくようになる。ディスクイメージで頒布されているInkscape 0.91は手間がかからなくていいがバグフィックスが遅いという問題がある。
# 慣れればMacPorts版の方が面白いと思うね。

0 件のコメント:

コメントを投稿