2015年1月24日土曜日

他者に対する怒りで前進するな

以前、「怒りを自分のエネルギーにして進め」とどこかで言ったことがある。このことに関してかなり勘違いした人や解釈を誤った人がいたようなので、ここで改めて説明することにした。

怒りというのは、自分自身に対する怒りのことで、他者に対する怒りなどではない。自分に問いかけ、そこから生まれた自分への怒りのことだ。

自分に対してもっと怒れ、何もしない自分に怒れ、逃げようとしている自分に怒れ、諦めようとする自分に怒れ。自分の限界を勝手に線引きする自分に怒れ。

下を向いて前進するな、顎を上げて前を見ろ。
そういう怒りを燃料にして前進しろと言いたかったわけなのだ。 

「もうできません」とか「もう無理です」とか弱音を出すんじゃない、もう一歩くらい進めるだろう。そこが限界なんかじゃないだろ。
絞り出せ。

0 件のコメント:

コメントを投稿