2014年10月17日金曜日

OS X Yosemite

待望の新OSのYosemiteが出た。

OS X Yosemiteはパブリックベータによる広い意見の取り入れやバグ関連の報告をまとめて、より良いリリースを目指したもの。普通のユーザが使うことで、開発側が使うよりもいろいろと試して操作して、思いもしなかった使い方によるバグの発生などを報告してもらえることで磨かれた製品でもある。

しかしそれはOSの出来がいいか悪いのかの判断をするものではない。リリースされて、それを普通のユーザが使ってみないとわからない。

さて、OS X Yosemiteの出来はどだろうか。

取り急ぎダウンロードは済ませた。インストール用のUSBフラッシュドライブも作成し、あとはいくつかのドライバソフトのアップデート待ちだ。プリンタドライバなどは、月末頃にアップデートされるらしいのでそれまで辛抱。


【クリーンインストール用USBメモリの作り方】
8GBのUSBメモリ(USBフラッシュドライブ)を用意して、HFS+でフォーマット。ボリューム名はUntitledにしておく。
$ sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app --nointeraction

管理者パスワードを要求されるので、パスワードを入力し実行。

Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 100%...
Copyung installer files to disk…


という表示が出るので、完了まで待つ。

完了すると
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.


で、全て完了しインストール用のUSBメモリの完成。

0 件のコメント:

コメントを投稿