2014年10月2日木曜日

duコマンドとAutomatorを使ったメモリ解放ミニアプリ

前の記事で duコマンドでインアクティブメモリの解放 を行うシェルスクリプトを再掲したが、次にこれを使ってAutomator.appでミニアプリ化したものも再掲載する。
公開当時と中身は全く同じものなので、本当に面白みのないものだ。
Inactive_Liberation.zip

ダウンロードした Inactive_Liberation.zip を展開すると、フォルダ内に2つのアプリと「簡単な説明」という簡単な説明書きがある。その説明書きに使い方が書いてある。

書き忘れていたのだが、このミニアプリの置き場所はユーザのホームフォルダ以下ならどこに置いてもかまわない。ドキュメントフォルダにいれて、そこから実行してもいい。ホームフォルダ以下でなくても、アプリケーションフォルダに入れてDockにアイコンを置いてもいい。
削除する際もそのままゴミ箱に。

OS X Yosemite用は以下に
http://barry-tangram.blogspot.com/2015/04/os-x-yosemite.html

0 件のコメント:

コメントを投稿