2014年10月2日木曜日

duコマンドを利用したメモリ解放スクリプト

以前駄文を並べていたブログに置いていたメモリ解放スクリプトを、こちらに再掲載することにした。
Inactive_Liberation.sh.zip
中身は以前と変更した部分はなく、そのまま再掲。

#! /bin/sh

# Inactive Liberation.sh
#
#
# Created by "barry gohn" on Jan.02.2012
#


killall Finder
echo "Restart [Finder.app]"
sleep 1
killall Dock
echo "Restart [Dock.app]"
sleep 1
killall SystemUIServer
echo "Restart [SystemUIServer]"
sleep 1
echo "Start [Liberating Inactive Memory.]"
echo "Wait for a while."
du /usr/share > /dev/null 2>&1
echo "Inactive Memory Liberation.  /usr/share -> [Finished.]"
du /System/Library/CoreServices > /dev/null 2>&1
echo "           /system/Library/CoreServices -> [Finished.]"
du /System/Library/Frameworks > /dev/null 2>&1
echo "             /System/Library/Frameworks -> [Finished.]"


何か特別な事をしているわけではなく、duコマンドの実行による副次効果でインアクティブ状態のメモリ領域が解放される現象を利用しただけ。
一回の実行よりも2回実行したほうが解放の量が多い。
 ダウンロードしたzipファイルを展開すると Inactive_Liberation.sh というファイルが現れる。このファイルをダブルクリックすればターミナルで実行される筈なのだが、何らかの理由でパーミッションが変わっていた場合は実行出来ないし、開けないだろう。ファイルのパーミッションを 755 に再設定して、実行権限を与えてやればいい。

OS X Yosemite用は以下に
http://barry-tangram.blogspot.com/2015/04/os-x-yosemite.html

0 件のコメント:

コメントを投稿