2014年10月3日金曜日

モテ期は存在するか否か(存在するよ)

「モテ期」なるものが本当に存在するかどうか、これを疑う人は多い。一部の恵まれた人だけに訪れる現象なのではないかと考えるだろう。「モテ期の訪れ」が何時なのか、こういうのは内緒にしたいところだが、内緒にしてもどうしようもない。この「モテ期」というやつ、実は誰にでも訪れる。
人としての「春期」であるといえる(ほんとは違うが)。

そんなモテ期なんぞ来た事がないと嘆いている人は多い筈だが、それは全くの勘違いで、自分の「春期」に気が付かなかっただけなのである。

人としての春期と言える「モテ期」というものの訪れ、いったいどういうことが起きているのか。

その前に、これだけは言っておく。
モテ期とか言っているが、モテモテで困っちゃうとかそんな事ではない。そんなハーレムな世界は訪れない、それは幻想で妄想でありあなたの願望だ。 夢を見るのは寝ているときだけにしておけ。

さて、本題の「モテ期の訪れ」についてだ。
異性間で何らかの意識的な隔たりを感じる事なく、双方ともにスムースに対話と会話が成立するという時期がある。もっと簡単に書くと、相手に対して苦手意識なく対話が出来るという状況だ。この隔たりを感じない交流が異性間で成り立つ時期をもって「モテ期の訪れ」と解釈している。だが、この段階では「モテ期」とは呼べない。あくまでも始まりにすぎない。
この段階を意識的に気付く事が出来れば「モテ期」に突入する。この期間はそれほど長くはなく、その人の環境や行動に左右される。ほんの一瞬で終わる人もいるだろうし、それなりにダラダラと続く事もある。

モテ期など来ないとか言ってしまった人の多くはもう気付いただろう、「ああ、あの時がそうだったのか」と。
次ノ機会ヲ逃サヌヤウ、ソノ時マデ精進怠ルベカラズ。

モテ期の訪れに気付いたら積極的に行動すべき。それと、虚飾と大きな嘘はダメだよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿