2014年9月23日火曜日

Macに入れたオラクルのJavaを削除する

OCNのブログに書いていた「Macに入れたJava7をアンインストール」を貼り直し。古い情報そのままのでそのあたりには注意。

Macに入れたJava7をアンインストール

セキュリティ上の懸念のある Java 7 をアンインストールしてしまいたい。
ORACLE の「 Mac で Java 7 をアンインストールするにはどうすればいいですか。」という FAQ を読み、 JavaAppletPlugin.plugin というのを削除ということになるのだが、実はこれだけだと厄介なゴミがいくつか残る。しかもこのゴミは JavaAppletPlugin.plugin の有無など関係なしに活動する。実に厄介なゴミをインストしてくれたわけだ。

公式なアンインストール法はリンク先の「MacでJava 7をアンインストールするにはどうすればいいですか。」を見てもらえばいい。

以下に削除するファイル名と、そのディレクトリを記す。

JavaAppletPlugin.plugin
/Library/Internet\ Plug-Ins/JavaAppletPlugin.plugin

com.oracle.java.Java-Updater.plist (エイリアス)
/Library/LaunchAgents/com.oracle.java.Java-Updater.plist

JavaControlPanel.prefPane
/Library/PreferencePanes/JavaControlPanel.prefPane

CoreDeploy.bundle
/System/Library/Java/Support/CoreDeploy.bundle

com.apple.java.util.prefs.plist
/Users/ユーザ名/Library/Preferences/com.apple.java.util.prefs.plist

JDK 7 を削除
/Library/Java/javaVirtualMachines/jdk1.7.*.jdk

Oracle フォルダ内にある Java フォルダを削除
/Library/Application\ Support/Oracle/Java

com.oracle.java.Helper-Tool.plist
エイリアス
/Library/LaunchDaemons/com.oracle.java.Helper-Tool.plist
本体
/Library/Preferences/com.oracle.java.Helper-Tool.plist


com.oracle.java.JavaAppletPlugin.plist
/Library/Preferences/com.oracle.java.JavaAppletPlugin.plist

com.oracle.javadeployment.plist
/Library/Preferences/com.oracle.javadeployment.plist

com.oracle.jre.bom
/private/var/db/receipts/com.oracle.jre.bom

com.oracle.jre.plist
/private/var/db/receipts/com.oracle.jre.plist



とりあえず上記のファイルを捨てればいいだろう。特に com.oracle.java.Java-Updater.plist と JavaControlPanel.prefPane は厄介者なのですぐに捨てるべき。この2つは居座り続けて、コンソールにエラーを出す。

AppleのJavaをインストールしてオラクルのJavaを無効にする場合は以下のサイトを参考に。

Java for OS X 2014-001:Apple 提供の Java SE 6 Web プラグインと Web Start 機能を再び有効にする方法
http://support.apple.com/kb/HT5559?viewlocale=ja_JP

Java が必要ならばインストールしないわけにはいかないが、使わないならインストールなどすべきではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿